トイレ交換をするなら節水型がおすすめ

トイレを使用していて、水漏れやつまって水が流れないなど、トイレのトラブルが起きた場合、修理をするのかトイレ交換をするのか悩むところです。

まずトラブルを解消するために考えるのが、修理だと思います。

しかし、トイレを使用してから10年以上使っている場合、トイレの劣化などが原因でトラブルが起きている可能性もあります。

トイレ交換の最新情報を紹介しています。

10年以上経っている場合は、トイレ交換をおすすめします。

トイレ交換|便器交換|トイレリフォーム|TOTO|INAX|水道設備.com

最新のトイレは、ほとんどのものが節水型になっています。


従来のトイレと比べると、1年間で約15000円水道代が節約できます。
トイレの修理をした場合でも、修理代金のほか出張費や部品代などの費用がかかります。


トイレ交換をした場合、初期費用は高くつきますが、10年使用した場合の節水代のことを考えると、決して高くはありません。

トイレを交換するなら、温水洗浄がついたものがおすすめです。


また、一体型トイレであれば、タンクと便器の間にたまりやすかった汚れやほこりなどもたまらないので、お手入れがしやすいです。

少しでもトイレの空間を広く取りたい場合は、タンクレスのトイレもおすすめです。


従来あったタンク部分がないので、トイレの中を広く使用することができます。

トイレ交換をするなら便器の取り替えだけでなく、トイレのリフォームも一緒に行うのがよいでしょう。



10年以上たつと便器だけでなく、トイレの床や壁のクロスも傷み、リフォーム時期となります。

トイレを交換するなら、床などの張り替えも一緒に行うと、トイレ空間がさらに快適なものになるでしょう。