お墓をつくる・墓地と霊園

霊園と墓地とはどうちがうのでしょうか。
大きな違いは檀家制度の有無で、墓地は寺が管理、運営していて、檀家、門徒向けです。


霊園は公園のように美しい環境にある墓園のことで、民間が運営、管理していているところと、、地方自治体が運営、管理しているところがあります。

宗教・宗派を問われないのは同じです。

ただ、公営墓園の場合、募集倍率が高いことや、住所が自治体の管轄内にあること、親族に承継者がいることなど、細かい使用資格が決められていて、必要書類に住民票の提出があったりします。

おすすめの霊園が気になる方はこちらへご来訪下さい。

お墓をつくるとき、墓地を買うか、霊園をえらぶか、まよう方も多いでしょう。墓地も霊園も墓園なので、将来のこともよく考えて納得のいくお墓をつくりましょう。


最近では寺が運営、管理する墓園も公園のように美しく整備されていることが多いので、民間・公営と変わるところはあまりありません。しいて、いえばお寺は格によって、管理費などの費用が高かったり、民営墓園も費用が高めであるといえます。
その点では、公営墓園が費用をおさえることができます。

墓園をえらぶとき、何を優先させるかを考えて、墓園の見学をしたり、資料を取り寄せたりして決めると納得のできるお墓をつくることができます。交通の便・環境・施設・管理の充実さ・駐車場の有無など、また、法要できるかもしらべましょう。また、最近では、将来お墓を守る方がいなくなることも考えて、永代供養制度のあるところをえらぶ方が増えています。